当初は開業20周年を迎えた同施設のキャラ「ビバッチェくん」の誕生会で、熊本県の「くまモン」も参加予定だったが、地震で来られなくなり、被災地の応援に切り変えた。

 ◇全国ゆるキャラ30体募金活動

 くまモンの看板が掲げられた会場には、「みきゃん」(愛媛県)、「ゴーヤ先生」(京都府)など各地からキャラが駆けつけ、「友だちのために」と書かれた募金箱を手に巡回。

 2月に熊本県を訪れたひこにゃんが「みなさまに一日でも早くまた笑顔が戻りますように」とのメッセージを掲げると、集まった子どもたちが一緒に協力を呼びかける一幕もあった。

 彦根市の「ひこにゃん」など全国のゆるキャラ約30体が24日、同市の商業施設「ビバシティ彦根」で、熊本地震の被災者を支援する募金活動を行った。

 米原市の中沢利春さん(69)は「余震が続き、被災された人たちは大変だと思う。せめて自分にできることはと思い、募金しました」と話していた。(黒川武士)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *