UHD BD/BD版ともに、音声はDTS-HD Master Audio(2.1cch)とリニアPCMステレオで、本編時間は80分。BD通常版は本編ディスク1枚。太田垣康男描き下ろしスリーブケースと描き下ろしインナージャケット、特製ブックレット(16P)仕様で、キャスト&スタッフオーディオコメンタリー(BD&UHD-BDのみ)やPV&CM集も収録する。

イオとの死闘を制したダリルは、ジオン残党軍の一員として地球にいた。彼は奪われたサイコ・ザクの情報を得るための諜報任務に就いていたのだ。一方、新たな仲間と共に「サンダーボルト作戦」に参加したイオの前に、南洋同盟国境守備隊隊長を名乗るペール中佐が立ち塞がる。海中で、氷原で、密林で繰り広げられる、ジオン、連邦、南洋同盟、三つ巴のモビルスーツ戦。戦争はまだ、終わってはいなかった――。

 また、11月18日からは全国15館にて劇場上映を行ない、劇場で先行発売版のBlu-ray「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER COMPLETE EDITION(BDOT-0261)」を発売する。劇場のほか、12月8日からバンダイビジュアルクラブ(BVC)限定でも販売し、価格は1万円。

 また、海外展開として、11月17日~19日にニューヨークで開催される「Anime NYC」で、「BANDIT FLOWER」プレミア上映と菊地成孔によるライブの開催が決定している。

 アニメ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の第2シーズン全4話に新作シーンを加えた特別編「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」が、4K Ultra HD Blu-ray(UHD BD)で12月8日に発売される。UHD BD版(BCQA-0002)の価格は9,000円。BD通常版(BCXA-1245)は7,000円、DVD通常版(BCBA-4838)は6,000円。発売・販売元はバンダイビジュアル。

 上映予定の劇場は、新宿ピカデリー/シネマサンシャイン池袋/TOHOシネマズ上野(今秋OPEN)、横浜ブルク13、MOVIX柏の葉、MOVIXさいたま、MOVIX宇都宮。MOVIX仙台、札幌シネマフロンティア、大阪ステーションシティシネマ/なんばパークスシネマ、MOVIX京都、ミッドランドスクエアシネマ/MOVIX三好、T・ジョイ博多の全国15館。2週間の限定上映となる(11月18日~12月1日)。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *