2016年4月23日に公開を迎えた劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の初日舞台挨拶が新宿バルト9にて行われた。イベントにはキャスト陣の中から風間俊介(武藤遊戯役)、津田健次郎(海馬瀬人役)、林遣都(藍神役)花澤香菜(セラ役)に加えて、監督の桑原智氏も登壇した。

登壇者がステージに登場すると、今回久々に同じ収録現場に立ち会ったという風間と津田はお互いの印象について質問がされた。2人は「なにも変わってない」と互いに回答。
放送開始当時は学生だったという風間は、収録現場に学生服で着ていた事もあったと明かし「服装が変わったくらいかな」と振り返ると、津田は「今でもまだ学ラン行けると思うよ」と返すなど、息のあったやりとりをみせた。
また、風間は『遊☆戯☆王』という作品について「声優経験が全くない僕をゼロから育ててくれた作品」と作品に対しての想いを語った。「今回『遊☆戯☆王』がアニバーサリーイヤーで特番などを組んで頂いて、初期のころのお芝居のシーンが流れるたびにゾッとしていました」と話し、会場の笑いを誘う一幕もあった。

最後はキャストからファンへ向けてメッセージが贈られ、風間は「今回の映画に今までの感謝の気持ちや『遊☆戯☆王』という作品への想いをすべて込めました。そして映画に携わったすべての人たちの想いを詰め込んだ作品が完成しました。この先また武藤遊戯の役をやりたいですけど、そんなに頻繁にはできないと思っています。なので今回の映画は特別なものになりましたので、何度も劇場に足を運んで観て頂けたらと思います」と本作に対する想いを熱く語り、イベントは幕を閉じた。

林は子供の頃に遊戯王を通った世代で、地元の友人に本作への出演を伝えたところ「『遊☆戯☆王』やるの? 初めて凄いと思った」と言われたというエピソードを披露。そのことを受けて「同世代が未だに覚えている作品って凄いなと思った」と作品の大きさを改めて実感したという。
花澤も中学生時代に『遊☆戯☆王』が流行った世代だったということで、同じクラスの男子が学校でカードを取り上げられている光景などを見たことを明かしていた。

続いて「皆さんにとって『遊☆戯☆王』とは」という質問。風間は「僕の声優人生の全て」と回答。桑原監督は「ここ数年この作品にすべてを込めてきたので、僕の演出人生のすべてのようなもの」と、監督としても大きな作品であることを明かした。

『遊☆戯☆王』
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *