「もともと需要の少ないところに、自局の女子アナとの共演を敬遠するムードが各局に漂っています。同業者意識の強い女子アナ自身も、ほとんどが山崎アナに同情的。たとえ、おばたが出演できたとしても女子アナが絡まない深夜帯の番組に限定されそう。ゴールデンのバラエティ番組に出るのは難しく、このまま山崎アナと別れることになれば、芸人としての未来は閉ざされたも同然です」

 公の場で具体的な声をあげたのはこの高橋など一部の関係者に限られるが、実際には女子アナ全体を敵に回してしまったようだ。

 おばたにしてみれば軽い火遊びのつもりだったかもしれないが、どうやら芸人人生を左右する事態に発展してしまったようだ。

 フジテレビの山崎夕貴アナと交際しているお笑い芸人“おばたのお兄さん”が、もはや全テレビ局から出入り禁止を食らいそうな状況だという。6月23日発売の「フライデー」でファンとの不貞を報じられ、フジ社内からは「すぐに別れたほうがいい」などの声が噴出。しかもテレビ業界全体からの風当たりも非常に厳しくなっているという。

「最も厳しく批判したのは、フジテレビでの先輩だったフリーアナの高橋真麻です。高橋は7月2日に行われたイベントにゲスト出演した際、『彼女が築きあげてきたキャラクターとかキャリアにも影響する』と大激怒。その話題を振ったリポーターのほうが思わず後ずさりするほどの勢いでした」(取材した芸能ライター)

(浦山信一)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *