田口監督が「『ウルトラマン』放送開始50年のこの大事な年に、敢えて、それに捕われない自由な発想のウルトラマンを創造しようといろいろ実験しております」と意気込む「ウルトラマンオーブ」は、歴代42番目となるウルトラヒーロー。怪獣との戦闘の際には、「ウルトラマン」「ウルトラマンティガ」「ウルトラマンタロウ」など、歴代ウルトラ戦士の力をかりてパワーアップするだけではなく、それぞれのパワーを結集して特性の異なる別の姿にタイプチェンジするという、これまでのウルトラ戦士とは一味違った戦術が見られるようだ。

 本作でウルトラマンオーブとなって戦う風来坊の青年・クレナイガイを演じるのは、映画『ごくせん THE MOVIE』『永遠の0』やテレビドラマ「ダメな私に恋してください」などの石黒英雄。幼い頃からウルトラマンに憧れていたという石黒は今回の抜てきに、「夢にも思っていませんでした」と大喜び。また「ウルトラマンの世界でしか味わえない、ヒーロー・怪獣と一緒にお芝居ができる特殊な空間にどっぷり浸かりたいと思います。実は、子供の頃より、大人になったいまの方が、怪獣の造形の素晴らしさに興奮します」と語っている。(編集部・井本早紀)

 7月9日より放送を開始するウルトラマンシリーズの新作「ウルトラマンオーブ」のビジュアルが公開され、歴代ウルトラ戦士のパワーをかりて戦う「オーブ」のバトルスタイルが明かされた。同作のメイン監督は、昨年好評を博した「ウルトラマンX」に引き続き田口清隆が担当する。

 今回は、ウルトラマンとウルトラマンティガの力をかりた「ウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオン」、ウルトラマンジャックとウルトラマンゼロのパワーをかりた「ウルトラマンオーブ ハリケーンスラッシュ」、ウルトラマンタロウとウルトラマンメビウスの力が合わさった「ウルトラマンオーブ バーンマイト」の3タイプが新たにお披露された。

「ウルトラマンオーブ」は7月9日よりテレビ東京系で毎週土曜日あさ9:00~9:30に放送(全25話予定)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *