宮崎県出身の大山だが、清元登子の門下生となった熊本中央女子高(現・熊本中央高)時代を含む7年間、親元を離れて熊本で過ごした。熊本や大分を襲った地震は他人事ではない。地震の起きた14日は、熊本開催の「バンテリンレディース」に出場する予定だった大山自身も、ホテルで被災した。「ゴルフをしていていいのかなと思ったけど、私はゴルフで頑張るしかないんだ」と奮起し、臨んだ今週だった。

アンが16番、17番で2連続バーディを奪って、その差は2打差と開いたが、最終ホールの第2打は「ピンを狙っていった」。左1.5mにつける会心のショットで勝利を引き寄せた。

この優勝で獲得した賞金1440万円の全額を、被災地に義援金として寄付すると会見で述べた。試合前には、父・晃さんにも「もし今週優勝したら、お世話になった熊本のために役立てたい」と明かしていたという。「1日でも早く元の生活に戻って、笑顔が戻ることを心から願っている。本当に少しですけど気持ちだけでも届けたい」と語った。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *