多くの観客が帰路につく中、デンマークの勝利を告げるホイッスルが鳴って試合終了。アウェイで底力を見せて、ヨーロッパ最後のW杯出場権を獲得した。

 アイルランドは後半のスタートで2枚替えを敢行し、ゴールを目指す。だが、なかなかチャンスはつくれない。

 反対に余裕のあるデンマークは、74分に相手のミスからエリクセンがゴールを奪ってハットトリック達成。W杯出場をほぼ決めた。90分にはベントナーがPKを決めて5-1となる。

★W杯予選まとめはこちら★

 同点弾の3分後、デンマークは相手の中盤でボールを奪って速攻を仕掛けると、ヨルゲンセンのラストパスをエリクセンが決めて2-1とする。

クリスティアン・エリクセン
ハットトリックを達成したクリスティアン・エリクセン【写真:Getty Images】

 だが、残り時間が十分にあったことはデンマークにとって救いだった。先制を許したあとに猛攻を仕掛けると、相手GKの好守などに苦しんだが、29分に結実。左からのCKでシストがドリブルでえぐり、マイナスのパスをクリステンセンがシュートした。これは右のポストに嫌われるも、慌てて戻った相手DFクリスティーが押し込む形となって1-1になる。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *