何が「史上最強のスプリンター」のアクシデントを誘発したのか。

 「一番好き」と公言してきた200メートルの出場を自重し、個人種目は100メートルに絞ったが、銅メダルで3連覇を逃していた。見納めとなるリレーでは、これまでは出場を「免除」されていた予選から珍しく走った。朝から自分の最後の雄姿を目撃しようと詰めかけてくれるファンへの気遣いもあっただろう。

 取材ゾーンで、銀メダルだった米国選手がレース前に長時間、寒い中で待たされて体が冷えてしまったと明かした。英メディアによると、ジャマイカチームの同僚で、3走を走ったヨハン・ブレークは大会の運営サイドに不満を漏らした。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *