後半35分、決勝のPKを決めた大宮MF家長(中央)はガッツポーズ(撮影・山崎哲司)
後半35分、決勝のPKを決めた大宮MF家長(中央)はガッツポーズ(撮影・山崎哲司)

 後半35分、大宮が先制点を挙げた。左サイドからのクロスにDF菊地光将(30)が頭で合わせたボールが、ブロックに入ったDF三竿雄斗(25)の手に当たり、PKを獲得した。それをMF家長昭博(29)が左足で豪快にゴール右に蹴り込んだ。この1点を最後まで守った。湘南は後半途中からMF斎藤未月(17)MF神谷優太(18)と攻撃的な若手を投入したが、ゴールは割れなかった。

 前半は両者無得点で折り返した。

<明治安田生命J1:湘南0-1大宮>◇第1ステージ第8節◇24日◇BMWス

 大宮が湘南に1-0で勝利した。6位をキープした。対湘南戦の連勝も11に伸ばした。湘南は開幕8戦未勝利となった。

 大宮は今季J1に再昇格ながら、この勝利で勝ち点を14に伸ばした。一方、湘南はまだ勝ち点2。泥沼から抜け出せない。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

21