【マクラーレン・ホンダ】アロンソは1周目に13番手もトラブル、バンドーンはポイント獲得ならず

一方、シルバーストーンでジョリオン・パーマー(ルノー)は、「ベストを尽くしているよ」と述べていたが、レース直前にトラブルでリタイアしている。

このうわさには裏付けがあるようだ。F1オーストリアGPでは、ヘルムート・マルコはカルロス・サインツの2018年のオプションを行使したにも関わらず、公でカルロス・サインツを非難していたことから、カルロス・サインツがレッドブル・ファミリーを離れる可能性があるという。


前後の記事

「ルノーのシリル・アビテブールとレッドブルのヘルムート・マルコは現在、約800万ドルの補償金で話し合いを続けている」

昨季GP2王者のピエール・ガスリーが、次戦F1第11戦ハンガリーGPでトロロッソからデビューする可能性が高まっているようだ。

2017年07月17日(月)8:28 am

●【マクラーレン】ホンダと離別決定?「強さを取り戻すため、全員とエンジン交渉をしている」と認める
●【マクラーレン・ホンダ】トロロッソ・ホンダ誕生?マクラーレン「アロンソに良いエンジンを」
●【動画】幸運メルセデス、悪夢フェラーリ・・・マクラーレン・ホンダ無得点/F1イギリスGP決勝レース ハイライト映像
●【レース速報】フェルナンド・アロンソ「ノーパワー」/F1第10戦イギリスGP
●【決勝レポート】終盤にフェラーリ失速 マクラーレン・ホンダはポイント獲得ならず/F1イギリスGP

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *