ヤクルト戦に先発したDeNA・今永=横浜

戸柱(今永に)「真っすぐが良かったし、だからこそ変化球も生きる。久しぶりにバッテリーを組んだけど、成長していたのを感じた」

 奮い立ったのには別の理由もあった。北九州市出身で、九州北部の豪雨被害に心を痛めていた。「少しでも力になりたい。頑張って投げている姿を届けられたら」との思いを秘めての力投だった。

試合結果へ

山崎康(1点を失ったが13セーブ目)「しっかり勝ち切れたことが大事。(最後の打者を)しっかり三振に取れたのは今後につながる」

 (セ・リーグ、DeNA2-1ヤクルト、13回戦、DeNA8勝5敗、17日、横浜)DeNAの今永は原樹との同期対決に投げ勝ってチームトップに並ぶ6勝目を挙げた。駒大4年の秋に東都大学リーグの1、2部入れ替え戦で東洋大と対戦した際に、3回戦で投げ合って敗れ、2部降格を経験した。「大学時代を思い出しながら投げた。粘り強く投げられた」と納得の表情を浮かべた。

ヤクルト戦に先発したDeNA・今永=横浜【拡大】

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *