生命線は物流(2)ついに「ドローン配送」を実施

リアル店舗を攻める(1)米高級スーパー買収、食料品販売でトップになる日

PHOTO: GETTY IMAGES

amazon go

そのアマゾンが、「リアル」なビジネスを加速させている。2017年6月、高級自然食品スーパー「ホールフーズ・マーケット」を137億ドル(約1兆5600億円)で買収すると発表したのは記憶に新しいが、それだけではない。リアル書店の「Amazon Books」やレジなしのコンビニ「Amazon Go」など、生活に近いところに次々に進出してきている。

一方で課題もある。そのひとつが物流だ。日本国内でも問題になっているように、アマゾンの販売が右肩上がりになるにつれ、既存の宅配事業者などが支える物流網への負荷が増している。素早い配送という利便性を保ちながら、アマゾンはこの問題を解決しなければならない。

1994年7月5日、アメリカに小さなオンライン書店が誕生した。それから23年が経ち、その“書店”が取り扱う品目は急速に拡大し、既存の書店どころか大手スーパーや家電量販店までも駆逐していった。それが現在のアマゾン、2016年の売上高が1,359億8,700万ドル(約15兆3,000億円)にも達する巨大企業である。

PHOTOGRAPH BY SAM MACHKOVECH

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *