・関連記事
iPhone 8はカラーリング4色展開で、新色として鏡面仕上げの端末が登場か? – GIGAZINE

・関連コンテンツ

横から見るとこんな感じで、カメラ部分は出っ張りのある設計になっているようです。

音量ボタン・ミュートスイッチの配置は従来のiPhone 7などと同じになっているようです。

ForbesとiPhoneケース会社The Nodus Collectionが独自に入手したCADファイルから作成されたiPhone 8の確定版デザインがコレ。前面はこれまでのリークの通り、ほとんどベゼルのないデザインで、上部にはディスプレイの一部を切り欠いて、フロントカメラやセンサーが横一列に並んでいます。ホームボタンも廃止されていることから、ディスプレイ上に仮想ホームボタンやその他機能が表示される「ファンクションエリア」が導入されることを示しているとのこと。

iPhone 7 Plusには横並びの「デュアルカメラ」が搭載されていますが、iPhone 8は縦一列のデュアルカメラに変更となる模様。これはAppleが以前から準備している「AR機能」を意識したもので、本体を横向きにして使うことが多くなると予想されるAR機能を、より効果的に動作できるものと見られています。また、iPhone 8からは充電ポートがLightningからUSB-Type-Cに変更されるとリークされていましたが、このレンダリング画像からは見えないものの、充電ポートはLightningのままで、イヤホンジャックがないのもiPhone 7と同じとのこと。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *