「自分が勝ったかどうかはわからなかった。この複雑なステージで勝利できたことはとても嬉しい、チームにとっても素晴らしい日になった」(ウラン勝利後インタビュー)

ギャロパンにバークランツ、バルギル、バウク・モレマ(トレック・セガフレード)が追いつくとバルギルがそのままカウンターアタックで先頭へ。チーム スカイはアシストの数を減らし、ラスト28kmでアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード)が失速。コンタドールはこの日4分19秒遅れで総合順位も12位まで落とした。ポートの再三のアタックでマイヨジョーヌ・グループはみるみる人数を減らしフルームのカウンターでキンタナとアルが遅れ始めた。

終盤に独走したワレン・バルギルは敢闘賞を獲得

第9ステージ結果

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *