まだひんやりとした風に舞う桜の花びらを横目に、前橋市から車で1時間半。旧入須川小学校は、畑の中に商店や民家がポツポツと並ぶのどかな町の一角にある。

 撮影現場から徒歩10分ほどの日帰り温泉施設「遊神館」は、ロケ中ほぼ毎日、出演者やスタッフに昼食を提供していた。3月まで館長だった深津賢治さんは、「手作りの家庭料理を意識して野菜たっぷりのカレーや、けんちん汁を届けた」と振り返る。

 「普段は料理の運搬を好まない職員も、この時ばかりは『私が!』と一斉に手を挙げ、人気でした(笑)」。遊神館には出演者のサインも並んでおり、施設利用者は足を止めて眺めている。

 児童数の減少に伴い、平成15年3月に閉校した。現在の木造校舎は昭和33年に建てられ、約60年の歴史を持つ。普段はほとんど使われていないといい、少しほこりをかぶった部分もあって、また、それが味わいを出している。

 どこか懐かしさを感じさせる校舎が、映画「暗殺教室」のロケ地になった。昨春公開の前作に続き今作でも昨年11月、3週間にわたって職員室や廊下のシーンの撮影が行われた。映画に出てくる山田涼介さん演じる潮田渚ら3年E組の教室は同小の校庭にセットが組まれた。クレーンを使ってのアクションに巨大水槽に水を張ったりと、それは大々的な撮影だったとか。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *