【修整はされているものの、性描写が多く、指定やむなし】【ほどんど、性交シーンが占めている。性器部分は白抜きで丁寧に修整され、配慮のあとが見られるが、逆に卑わい感を高めている】【女子高生とのセックスシーンが多く、男性器に消しを入れているが、それが逆に卑わいに感じ、また、体液描写も多い。成人向けとして区分陳列して販売すべき】【コメディ的であるが、全編が性的表現で埋めつくされている】。

【本文】
 この再録誌に対して自主規制団体からは指定該当10・保留2・指定非該当5と、指定非該当が多めになっております。

 まず指定該当とする意見で見られるのは、セックスシーンの多さです。修整よりもセックスシーンの数と体液が多めだというのです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *