「こんな変わったお土産ってアリ?」「これってもしかして方言だったの?」そんな日本の文化を1日1つずつ紹介していく「日本のお土産&方言特集」。

 「ぴっぴ」「おぴっぴ」は香川県で使われる「うどん」の方言です。讃岐弁の中では幼児語にあたり、大人でも「ぴっぴ食べたい?(うどん食べたい?)」などのように子どもに向けて使う場合もあるようです。うどん県と呼ばれる香川県ならではの方言ですね。

ms_D68.jpg

 会話の中で「ぴっぴ」という言葉を使われたら、何を思い浮かべますか? 「鳥の鳴き声?」「機械の電子音?」と思う人もいるでしょう。

 香川県ではうどんを表すぴっぴですが、日本の別の場所では「下痢」を表現する幼児語として使われたり、「笛」「ホイッスル」の呼び名として「ぴっぴ」を使う地域もあるそうです。地域によってさまざまな意味があるのですね。

omiyage_hougen_img.jpg

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *