「昔は関西の寺院で食べられていたものが、北前船で庄内に伝わり、料亭でだされるようになりました。最近でも小料理屋などでは食べられます。お酒を呑みながらでも、つるっと入っておいしいんですよ」(土岐さん)

むきそば

通常のそばとは違い、一品でメインになるものではなく、会席料理などでは小鉢感覚で食事の途中に提供されるという。

むきそば(庄内産)レトルト(実売価格400円前後※店舗により異なる)ほかにフカヒレ入り(実売価格700円前後)もあり

作るときは、そばの実を強火にかけ、沸騰したら中火で約10分、好みのかたさになるまで茹でる。茹でたらお湯をすてて流水でよく洗い、水切りして丼に入れ、冷たいダシ汁をかけて食べる。ちょっと手間がかかるので、いまでは家庭ではあまり食べられていないそうだ。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *