和歌山県林業試験場(上富田町)が、山菜「イタドリ」(通称ゴンパチ)の栽培実験をしている日高川町弥谷の遊休農地(約70平方メートル)で、収穫がピークを迎えている。同町生活研究グループゴンパチ部会(竿本みき代部会長、20人)が協力して2年目。昨年は約50キロを収穫しており、今年は倍増を目指す。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *