三県の受験者のうち、高校などを今春卒業予定の現役生は、四万八千百二十三人で84・9%を占めた。

 一面の雪化粧となった岐阜市の岐阜大では、道路の混雑を警戒して、マスク姿の受験生たちが早朝から続々と校門をくぐった。

 受験生のうち、高校などを今春卒業予定の現役生は千七百二十八人増の四十七万三千五百七十人で81・3%を占めた。一方、既卒者も四千八百三十人増の十万三千九百四十八人(17・8%)で四年ぶりに十万人を超えた。文部科学省は定員超過した私大への対応を厳しくしており、昨年の入試で有力私大が合格者を絞った影響もあるとみられている。高校卒業程度認定試験(旧大検)合格者らは0・9%。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *