この前例のない精度レベルにより、モバイルデバイスにおいて種々の革新的な位置情報サービスを促進できます。リバダのデクラン・ガンリー最高経営責任者(CEO)は、「リバダのeLBSは、相乗りサービスや自動運転車のための位置情報データからコンテンツ連動型広告に至るまで、あらゆるものを改善します。eLBSの特許が日本でも保護されることになったことに、当社は喜んでいます」と語っています。

ご関心のある方は、リバダの本技術のライセンスと使用について、ぜひリバダの経営陣とご相談ください。

リバダが次世代の位置情報サービスで日本国を取得

リバダ・ネットワークスは、相互運用可能な無線通信ネットワークの設計・インテグレーション・運用の一流企業です。リバダの技術であるダイナミック・スペクトラム・アービトレージ・ティアード・プライオリティー・アクセス(Dynamic Spectrum Arbitrage-Tiered Priority Access、DSATPA)により、完全に競争的なオンデマンドプロセスを通じ、商企業間で無線ブロードバンド容量を動的に売買することができます。DSATPAは周波数帯の利用方法を一変させる技術であり、無線周波数帯の効率を最大限に高め、規模と容量が拡大したブロードバンドネットワークの可能性を解き放ちます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *