朝倉市杷木(はき)林田を流れる赤谷川が筑後川に合流する地点では午前10時ごろ、福岡県警機動隊が捜索を開始。20人ほどが横一列になり、濁った川や川岸のやぶの中を捜した。集中捜索では車2台が見つかったが、車内に人はいなかった。17日も捜索を続ける。

 15日深夜には、朝倉市杷木志波の桜木トシ子さん(86)、朝倉市杷木星丸の本河くに子さん(59)の身元が判明した。

 16日の最高気温は、大分県日田市で35・6度、朝倉市で今年最高となる35度を記録し、猛暑日となった。厳しい暑さが続く中、福岡、大分両県の被災地には計4千人以上のボランティアが集まった。福岡県東峰村では、ボランティア3人が熱中症の症状を訴えた。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *