大津市園城寺町の門跡寺院円満院に対して、僧侶2人の転任命令の無効と賃金の仮払いを命じた大津地裁の仮処分決定で、その後も賃金の支払いがないとする僧侶側の申し立てを受けた同地裁は17日までに、円満院事務所などにあった現金や大津絵などを差し押さえた。

 差し押さえたのは現金3万6千円と、同院に併設された大津絵美術館の大津絵と書籍計27点。仮処分決定では僧侶2人に計約500万円の支払いを命じているが、僧侶側によると今回差し押さえた品は、この額には到底届かないという。

【 2017年11月17日 23時24分 】

関連記事     

京都新聞デジタル版のご案内

滋賀のニュース

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *