一方、東日本と西日本では晴れて気温が上がっていて、午後0時半までの最高気温は千葉県茂原市で36度、東京・練馬区で35度8分、三重県桑名市で35度3分と猛暑日になっているほか、豪雨で大きな被害が出た九州北部でも大分県日田市で34度4分、福岡県朝倉市で34度2分と厳しい暑さになっています。

また、秋田県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。

17日昼までに降る雨の量はいずれも多いところで東北で150ミリ、北海道で100ミリと予想されています。

前線や低気圧の影響で、北日本では大気の状態が不安定になり北海道では猛烈な雨が降ったと見られるほか、東北でも秋田県や岩手県で雨量が多くなっています。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけています。

気象庁は、各地に高温注意情報を出し、こまめに水分や休憩を取り、冷房を適切に使用するなど熱中症への十分な注意を呼びかけています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *