08/14 00:37

北海道・足寄町(あしょろちょう)に住む112歳の男性が、世界最高齢となった。
世界最高齢となったのは、足寄町の野中温泉別館で暮らす、野中正造(まさぞう)さん。
1905年生まれで、7月に112歳になった。
これまでギネス世界記録に認定されていたイスラエルの113歳の男性が亡くなったため、野中さんが世界最高齢となった。
一緒に暮らす孫娘によると、野中さんは数年前から「世界一になれたら」と話していて、今回の知らせを聞いたあとも、うれしそうにしていたという。
今も、温泉に入ることと甘いものを食べることが大好きで、長寿の秘訣(ひけつ)は、「自分のペースを守って暮らすこと」だという。
後日、世界最高齢として、ギネスから認定されるとみられる。 (北海道文化放送)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *