米軍北部訓練場(沖縄県国頭村、東村)のヘリコプター着陸帯の移設工事を巡り、沖縄県は18日、防衛省沖縄防衛局に対し、工事阻止を目的に県道上に放置されている車両などの撤去に向け、移設反対派に文書で指導すると回答した。

 日米両政府はヘリ着陸帯の移設を条件に、北部訓練場の一部返還で合意している。同防衛局は、違法車両などの撤去に協力するよう県に求めていた。

 指導する時期は明記していない。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *