熊本地震の発生を受け、大阪府は被災地域の児童・生徒らの大阪府公立高等学校、大阪府公立支援学校への受入れを開始する。大阪府公立高等学校への転入学に要する入学検定料および入学料は特別免除される。

 大阪府は4月21日、平成28年(2016年)熊本地震における被災地域の児童・生徒らを大阪府公立高等学校および大阪府公立支援学校へ受け入れることを公表した。公立高等学校、公立支援学校とも、転入学を希望する場合は各教育委員会担当窓口へ電話で問い合わせる。

 対象は、いずれも熊本地震に被災し、大阪府内に転居することとなったため、在籍する学校へ通えない状況となった児童・生徒。ここで被災とは、激甚災害の指定および災害救助法の適用された地域に居所または現在籍校がある者を指す。

 各担当窓口の電話番号は、大阪府Webサイトの「報道発表資料」で閲覧可能。平成23年3月11日に発生した東日本大震災の際にも、大阪府は児童・生徒の受入れを行った。そのほか、東京都、石川県七尾市、鳥取県、神奈川県、新潟県などでも東北の児童・生徒を受け入れる動きがあった。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *