奈良県生駒市で2歳男児がプラスチックの収納ケースに閉じ込められて死亡し、父親が殺人容疑で逮捕された事件で、荒井正吾知事は13日の定例記者会見で「大変悲しい事件だ。行政的な対応をどうすればよかったのか至急検証したい」と述べた。

 荒井知事は事件について「県の児相に『泣き声が聞こえる』と通報があり、生駒市に対応してもらった。そのときは顕著な危険性はみられなかったとの報告を聞いている」と説明。その上で、「どのように市と連携すればよかったのか。対応のあり方について研究したい」と話した。

 一方、「どこまで家の中に(行政が)入り込めるか。子供に(傷やあざなどの)加害の印がないケースもある。『おせっかい』の仕方や程度についていつも悩んでしまう」とも述べ、「こういうことが起きないようにするにはどうすればいいのか。今のわれわれの一番大きな課題だ」と話した。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *