議長を務めた森山裕農相は2日間の会合について「世界の食糧安全保障の強化に向けて充実した議論をした」と述べ、7年ぶりとなるG7農相会合の成果を強調した。

記念写真におさまる森山農相(右から5人目)ら各国の代表(24日午前、新潟市)

 移民流入に悩む欧州連合(EU)の本音が透ける一幕もあった。新潟宣言に盛り込まれた「農業分野の投資に関する国際フォーラムの開催」が一例だ。日本政府関係者は「EUはアフリカの農業分野で安定した雇用の場をつくり、移民の減少につなげたいようだ」と解説していた。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *