第1試合は三国―藤島。春の県大会で零封負けを喫した悔しさをばねに、精神面も強化してきた両チーム。堅い守りからリズムをつくり、攻撃につなげて先取点を奪いたい。

 福井工大福井は強打者の1番北川智也が打線を引っ張る。3番井上開都、4番山岸旭も長打が期待できる。切れ目ない打線は県内随一と評価は高い。

 敦賀気比投手陣は、最速140キロを超す直球が武器の長谷部健太と、打たせて取る投球が特長の鷲尾拓也が軸。初戦でも2右腕がピンチで登板し好救援をみせた。クリーンアップが破壊力を発揮できるか。

▽2回戦
啓新―大野(午後2時)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *