持ち前の積極走塁が裏目に出た。一回無死から死球で出塁した三浦が盗塁を狙ってアウト。連打で一、二塁としながら二走東野がけん制死。その後2点を奪ったものの、相手投手の立ち上がりを攻めきれなかった。

 前年の甲子園出場校が早くも姿を消した。市尼崎は序盤の好機を走塁死で何度もつぶし、エラーから決勝点を献上。殿谷主将は「隙を見せてしまった」とうつむいた。

ログインして続きを読む

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *