息子の声 岡山県倉敷市・小田靖子(無職・79歳)
毎日新聞
卒業したら岡山に帰ってラグビーのチームを作らんといけん。どうして自分だけがこんな目に」と、拳で病室のベッドをたたいて悔しがった。 母校の後輩たちは昨年12月、県代表として、ついに花園に出場した。息子は空の上から大声援を送ったことだろう。先輩たちがお供えくださっ …

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *