東京都との包括連携協定「ワイドコラボ協定」締結

損害保険ジャパン日本興亜株式会社は7月13日、地域社会発展と都民サービスのさらなる向上を図るため、東京都との間で『ワイドコラボ協定』を同日締結したと発表した。
この提携は、東京都が掲げる「3つのシティ(セーフシティ、ダイバーシティ、スマートシティ)」を実現し、新しい東京をつくるための取組みに貢献するためという。

東京都は、今後の都政の具体的な政策展開を示す新たな4か年の実施計画として、「都民ファーストでつくる『新しい東京』~2020 年に向けた実行プラン~」を 2016年12月に策定している。
またこのプランは、3つのシティを実現するための都政の未来航路を示したものとなり、安心・安全な生活を守り、災害から命や財産を守るという方針は、同社グループの経営理念である「安心・安全・健康に資する最高品質のサービスの提供」と一致するとのこと。

同社の強みや特徴が活かせる業務・活動で連携

連携項目の主な内容としては、同社の強みや特徴が活かせる業務・活動のうち、健康増進、文化及びスポーツ振興、地域の安心安全、環境、ライフ・ワーク・バランスと女性の活躍推進、中小企業支援、防災・減災、子育てと高齢者支援のほか、地域社会の活性化などについて連携するという。
なお同社は、今後も地方自治体と連携し、各地域がそれぞれの特徴を活かした自立的で持続的な社会を創出することに貢献していくとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)
 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *