最終審査にはこのほか、食事をスマホで撮影し、分量を入力すると自動的にカロリーを計算するアプリや子どもにゲーム感覚で手伝いをさせるアプリなどが残った。

 コンテストは2012年から毎年開催。今年は「子育て・学習・趣味」「生活(仕事)の利便性向上」「健康・医療・介護」の3分野に、計92作品がエントリーした。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *