16日は柏崎市で犠牲者を追悼する式典が行われ、地震が発生した午前10時13分に参列者全員で黙とうをささげました。

平成19年7月16日に起きた新潟県中越沖地震では、柏崎市や刈羽村などで震度6強の揺れを観測し、新潟県内で15人が死亡し、およそ7万6000棟の建物が被害を受けました。

15人が犠牲となった新潟県中越沖地震から10年となる16日、大きな被害を受けた柏崎市で追悼式が行われ、遺族など関係者が花を手向けました。

柏崎市の桜井雅浩市長は「全国各地から温かい支援をいただき、穏やかな日々を過ごせるまでに復興を果たすことができました。この10年間に生まれた新たな命とともに災害に強いまちづくりにまい進することを誓います」とあいさつしました。
このあと遺族や関係者が献花台に花を手向け、犠牲者を追悼しました。

この地震では、東京電力柏崎刈羽原子力発電所で火災が発生したほか、微量の放射性物質が外部に漏れ出す事態となり、東京電力が再稼働を目指す中、地元では大地震に備えた対策の徹底を求める声が高まっています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *