お札のルーツやおまじないなど詳しく分かる

4月23日(土)~6月5日(日)まで、新潟県立歴史博物館で春季企画展「おふだにねがいを-呪符-」を開催します。古来、人々は何か願い事をする時に「お札=呪符」を作ってすがってきました。こうした呪符への信仰は、古代から現代まで連綿と続いています。この企画展では、呪符のルーツやさまざまな呪符を通して人々の祈り、おまじないのあり方を、歴史学・考古学・民俗学など、色々な視点で明らかにします。期間中には各種講座やトークショーなどが行われ、より詳しくお札について知ることができます。写真は蘇民将来符(魚沼市浦佐・千住院)。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *