会場で描いた魚が仮想水族館で泳ぐ「お絵かき水族館」会場で描いた魚が仮想水族館で泳ぐ「お絵かき水族館」写真を見る

=2017/07/16付 西日本新聞朝刊=

 最新のデジタル技術に触れながら創造力を育む「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地in長崎」が15日、長崎市立山1丁目の長崎歴史文化博物館で始まった。CGアニメーターや数学者、建築家などの技術者集団「チームラボ」が手掛けた6作品を展示している。9月3日まで。

 入場料は大人1200円、中高生千円、3歳~小学生800円。

 来場者が描いた魚が壁に映し出された水族館を泳ぐ「お絵かき水族館」や、光るボールを転がすと色が変わったり音が鳴ったりする「光のボールでオーケストラ」など、作品には論理的思考力などを育てる要素が仕掛けられている。友人と訪れた長崎市の西浦上小3年水田菜月さん(8)は「初めて体験する遊びで楽しかった」と満喫していた。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *