まずはカメラの性能から試してみよう。カメラアプリとしては、動画と静止画のモードの区別はなく、シャッターボタンを押せば写真が撮れるし、動画ボタンを押せば動画が撮れる。

 一番シンプルな機能としては、距離の測定ができる。ASUS提供の「Laser Ruler」というアプリでは、レーザー光を使ってスマホの位置から対象物までの距離を測ることができる。

 またDTS Headphone:Xにも対応し、オーディオエフェクトとして7.1chバーチャルサラウンドも楽しめる。

 ただ、ヘッドセットの代わりとして、スマホの製品箱がVR用の簡易スコープになるという工夫が施されている。いわゆる「箱スコ」である。スコープ用のレンズが2つ同梱されており、これをのぞき穴にはめ込む事で、簡易スコープとなる。

 本機では赤外線とレーザー光による奥行き測定が可能になっており、これまで特殊な機器が必要であったようなことも、アプリによって実現できる。

 さてそのオーディオだが、ハイレゾ対応のイヤフォンはなかなかの実力だ。特にハイレゾ音源再生用アプリがプリインされているわけではないが、OnkyoのHF Playerなどをインストールすることで、ハイレゾ音源の再生に対応する。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *