松江市と島根県西部をそれぞれ拠点にしている雑貨店や飲食店などが協力し、23日に浜田市牛市町のコワーキングスペース「enn(えん)」で1日限定の店舗「ennichi(えんにち)」を開く。松江市から距離があり、行き来する機会が少ない県西部で直接商品に触れる機会をつくり、新たなファン獲得と交流につなげようと昨年に続き企画した。

 シマネプロモーションの三浦大紀さん(36)は「松江と県西部の両方に良いものがあることを知ってもらい、行き来する機会が増えることにつながってほしい」と話している。

 問い合わせは同社、電話0855(28)7242。

 県西部からは、シマネプロモーションのほか、クラフトビール醸造の石見麦酒(江津市黒松町)やパン製造・販売のtsumugi(つむぎ)(同市松川町)が出店する。オリジナルTシャツの製作やアトリエ体験も用意する。

 松江市からはアルトスをはじめ、イマジン.珈琲店(松江市伊勢宮町)やエスニック料理の「Green`s(グリーンズ) Baby(ベイビー)」(同市殿町)など5事業者が出張販売。当日は午前11時から午後5時まで開店し、各事業者が持ち寄った商品を並べる。

 本や写真集などを独自に選んで取り扱う「artos(アルトス) Book(ブック) Store(ストア)」(松江市南田町)と、企画会社のシマネプロモーション(浜田市牛市町)が主催。昨年4月に「Go(ゴー) west(ウエスト)! 松江から西へ」と題して第1弾を開催したところ、約150人が来場して好評を得た。「また開催してほしい」という声も多く寄せられ、初回の4事業者から10事業者に参加を増やした。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *