桐生第一敗れる 春季関東高校野球群馬県予選・4回戦 

 このほか、樹徳、前橋育英、前橋工、健大高崎、伊勢崎清明が勝ち上がった。大会第7日は23日、高崎城南球場で関東大会の出場権が懸かる準々決勝の2試合が行われる。

 高校野球の第68回春季関東地区大会群馬県予選第6日は20日、上毛新聞敷島球場など4球場で4回戦8試合が行われて8強が決まり、それぞれ夏のシード権を獲得した。

更新日時:2016年4月21日(木) AM 06:00

 高経附は選抜大会に出場した桐生第一を7―5で、前橋は昨秋8強の前橋商を10―4で、いずれもシード校を破った。唯一のノーシード対決は桐生商が2―1で桐生西を下した。


※詳しくは「上毛新聞」朝刊、有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *