07/17 12:11

福岡市で民泊として提供していたマンションの部屋で、利用者の女性に性的暴行を加え、けがをさせた疑いで、部屋を提供した男が逮捕された。
強制性交等致傷容疑で逮捕されたのは、福岡・古賀市の自称、自営業・長部聡一容疑者(34)。
警察の調べによると、長部容疑者は16日午前6時半ごろ、民泊用に提供していた福岡市中央区のワンルームマンションの一室で、利用者の韓国人の女性に性的暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれている。
暴行された女性が、領事館に通報し、発覚したもので、長部容疑者は、警察の調べに対し、容疑を一部否認している。
事件当時、部屋には、長部容疑者と暴行を受けた女性、それに女性がもう1人いたということで、警察が、当時の状況をくわしく調べている。 (テレビ西日本)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *