涙 岐阜県羽島市・丹下妙子(無職・84歳)
毎日新聞
残暑の厳しい昼下がり、14歳の私は、学校の運動場に作り上げた畑の前で、女性の先生から叱責を受けていた。 そのころの食糧事情は逼迫(ひっぱく)していて、大根、サツマイモ、カボチャなど、腹の足しになるものは何でも植えた。し尿をくみ出した肥おけをてんびん棒の前後に …

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *