16日午前1時25分ごろ、熊本県で震度6強を観測する非常に強い地震がありました。福岡県の被害情報などをお伝えします。

 未明に発生した最大震度6強の地震で、福岡県災害対策本部は県内で7人がけがをしたと発表しました。福岡県は、地震が発生した午前1時25分に災害対策本部を設置しました。午前3時半現在、揺れで転倒するなどして、福岡市など5つの市で7人が軽いけがです。八女市北八女の県道57号が落石の影響のため通行止めとなっています。福岡県では職員を現地に派遣し、被害の状況や迂回(うかい)路の確認を行っています。また、北九州市小倉北区鍛治町、八幡西区鉄王、浅川学園台で水道管が破裂しているということです。
 九州電力によりますと、午前4時現在、福岡県と佐賀県で停電は発生していません。原発情報です。現在、稼働中の鹿児島県の川内原発1号機と2号機は通常運転中だということです。停止中の佐賀県の玄海原発も異常なしということです。
 続いて交通情報です。午前4時半現在、高速道路は熊本を中心にほぼ全線で通行止めとなっています。九州道は古賀インターチェンジから鹿児島栗野インターチェンジ、長崎道は東背振インターチェンジから鳥栖ジャンクション間、大分道もほぼ通行止めとなっています。福岡都市高速も全線で通行止めとなっています。この影響で、高速バスは北九州空港−小倉、北九州空港−黒崎間を除くすべての路線で始発から運転見合わせを決めています。鉄道です。JR九州によりますと、九州新幹線・在来線ともに始発から運転を見合わせる予定です。西鉄大牟田線も始発より運転を見合わせています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *