■山形県民の納豆アレンジが豊富すぎる!

【関連記事】
・マツコも思わず「おにぎりにして」! パスタソースで作った炊き込みご飯に大反響
・ブーム到来間近!? 話題の万能調味料「デュカ」でいつもの料理が大変身!
・こんな食べ方もあったの!? 夏のヘビロテ料理「そうめん」の新常識が続々と明らかに
・千原ジュニアも「めちゃめちゃ好き!」 林修の番組で紹介した調味料“ハリッサ”に大反響

“納豆王国”と聞いてまず思い浮かべるのは、やはり“水戸納豆”の本場茨城県。納豆をモチーフにした茨城県の”非公認”ゆるキャラ「ねば~る君」も話題になっていますね。しかしあまりメジャーではないと思いますが、東北の山形県も茨城に負けず劣らずの“納豆王国”。テレビ番組でも山形県民の豊富すぎる“納豆のアレンジ”が紹介され、話題になっていました。

そしてペースト状にした納豆をお味噌汁にいれた「納豆汁」は、山形県民のごちそう。納豆でどろどろになった汁と山菜のシャキシャキ感が絶妙なんだとか。作り方はすり鉢で納豆を潰して、それを山菜やきのこが入っている具だくさんのお味噌汁に入れるだけ。山形県のスパーには“納豆汁の素”も売られているので、お土産としてもおススメです。

まずは山形県の郷土料理「だし」や名物の「おみ漬け」など、様々な食材を投入するというシンプルなアレンジ。なかでも“ホウレンソウ・チーズ・ハム”などを納豆に混ぜ合わせた「五目納豆」は、小学校の給食でも出てくる人気の料理です。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *