群馬県は羽を広げた鶴のような形をしている。この産業振興を成長の翼にして、県経済を飛躍させられるか。協議会発足は一歩を踏み出したに過ぎない。成果創出に向けた取り組みが求められる。
(文=群馬支局長・大友裕登)

 高橋部長は「群馬県には優れた技術開発力と基盤技術がある。他県に負けることなく、県内企業が活躍できる」と強調。また、県では後発の利を生かし、先行する他県の課題を踏まえ、効率的な支援施策を展開する考えだ。業界に精通したコーディネーターを確保するなどして先行勢を追いかける。

 「成長産業として航空宇宙産業に焦点をあて、全力で応援していく」―。群馬県産業経済部の高橋厚部長は、17日に行われた設立総会でこう力を込めた。総会には企業や研究機関、金融関係者など約100人が参加。参入や事業拡大に意欲を示す企業が多数集まり、関心の高さがうかがえた。

 群馬県には航空宇宙産業の素地がある。富士重工業の源流である中島飛行機の歴史に加え、IHIエアロスペース富岡事業所(富岡市)、ミネベア松井田工場(安中市)、明星電気(伊勢崎市)など関連企業の拠点が現存する。中堅・中小企業でも、航空宇宙分野を手がける企業が多く存在する。

 参入意欲のある中小企業にとっては、参入障壁が高いとされる航空宇宙分野で県が支援に乗り出す意義は大きいと言える。だが、行政による産業振興という点では、すでに全国的に行われており、群馬県が設立した協議会のような団体・組織は多く存在する。他県が先行しており“周回遅れ”という現実がある。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *