今月に入って徐々に花が咲き始め、今が見頃となっています。白い大輪の花を咲かせるヤマユリは香りが強いのが特徴で、訪れた人たちは携帯電話のカメラで撮影したり、香りをかいだりして楽しんでいました。

狭山市入間川の市が所有する緑地にはヤマユリが自生していて、地元の住民グループが下草刈りなどを行った結果、ことしは去年より300株以上増えて、700株を超えるヤマユリが育ちました。

住民グループの福田朝男さん(68歳)は「これからも活動を続けてヤマユリをもっと増やし、皆さんに楽しんでもらえる場所にしたいです」と話していました。
このヤマユリは今月20日ごろまで楽しめるということです。

訪れた70代の女性は「白い花なので、さわやかでいいですね。花が好きなので、毎年訪れたいと思います」と話していました。

埼玉県狭山市に自生する700株を超えるヤマユリが見頃を迎え、訪れた人たちの目を楽しませています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *