「サマーイルミネーション2017 光のクルージング」。府北部地域連携都市圏振興社(海の京都DMO)舞鶴地域本部が主催し、今年で4回目。7月28日~8月16日の夜間に1日3回、各30分間、赤れんが倉庫の外壁に投影する。

地域のニュース

 クラウドファンディングの活用は、みんなで作り上げる新しいイベントにするためで、制作するシマフィルム(同市上福井)が募る。みんなの映像は投影する外壁の大きさで2千~20万円の9コースに分かれる。他に1500円のコースもあり、サポーターとして名前だけが紹介される。

 舞鶴赤れんがパーク(京都府舞鶴市北吸)で7月下旬から始まるプロジェクションマッピングで、映像制作費などに充てるためインターネットで個人から小口資金を募るクラウドファンディングを初めて活用する。協力者の写真や動画を「みんなの映像」として組み込む。

 50万円が目標で、映像制作のほかワークショップの開催などにも利用する。7月24日までにウェブサイト「みんなの映像で紡ぐ新しいお祭りの形 舞鶴赤れんがサマーイルミネーション2017」から申し込む。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *