男性の申告を受けた沖縄県の差別解消に関する委員会が8月、「差別的だと疑われかねない」として、障害者に対応する手順書や社員教育を見直すよう同社に助言した。

 那覇市の那覇新港で3月、海運会社「マルエーフェリー」(鹿児島県奄美市)が運営する神戸行きのフェリーに乗船しようとした脳性まひの電動車いすの男性(41)=兵庫県西宮市=が、乗り降りの際や船内での安全確保に不安があるとして、断られていたことが22日、沖縄県や同社への取材で分かった。

 同社によると、男性は大久保健一さん。3月16日、那覇新港でフェリーに1人で乗ろうとした際、船員から「車いすがエレベーターに入らない」「迎えがいない」といった理由で断られた。

 同社は誤った対応だったとして男性に謝罪した。担当者は取材に「現在は、電動車いすでの乗船を受け入れている。男性に不快な思いをさせて申し訳ない」と話した。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *