北朝鮮においては、一般国民が自由に移動できる範囲は概ね居住する市内(郡内)に限られる。それを越えて国内を移動するには、通行手形のような旅行証が必要になる。さらに、多くの軍部隊が駐屯する中朝国境や軍事境界線沿いは、特別な許可がなければ立ち入りできない。

子どもを軍隊に送り出した瞬間から、その身を案じ、顔を見たいと願うのが親心である。しかし兵役期間中の兵士は、特別な場合や、ワイロを積まない限りは帰省できない。つまり、家族に5年~10年間も会えないということだ。

ブックマーク

昨年12月24日、北朝鮮の人民武力省(国防省)は、故金正日総書記の最高司令官推戴25周年を迎え、男性の兵役期間を11年から10年に、女性は7年から5年に短縮すると発表した。それでも、世界最長であることには変わりない。

そこで「面会代行」に子どもの様子を見てきてもらうというわけだ。別の情報筋によると、面会代行にやって来た人は親戚を名乗るが、軍の幹部はウソだと知りつつも許可する。親からの食べ物の付け届けが期待できるからだ。

民間人なら商売で現金を稼ぎ、市場でいくらでも食べ物が買えるが、規律に縛られた兵士はそうもいかない。空腹に耐えかねて脱走したり、国境を越えて中国に忍び込み、強盗殺人を犯す者すらいるのである。

なぜ、このような商売が流行るのか。それは北朝鮮が、世界的にも珍しい「移動の自由」のない国だからだ。

つまり、面会代行が流行るのは、食糧事情が好転した北朝鮮社会から軍だけが取り残され、食糧難に陥っているという状況が背景にあるわけだ。末端の兵士らは親からの援助がなければ、餓死しかねないのである。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *