補助率・補助上限額は、太陽光発電が1/4以内、上限額が1,500万円。小水力発電などは3/10以内、上限額は9,000万円まで。収益納付として、売電収入が生じた翌年度から15年で納付(2年据置とし、13年で納付)することが求められる。

「自然エネルギー地域発電推進事業」は、固定価格買取制度(FIT制度)を活用した自然エネルギーの事業化を支援するため、市町村や地域の多様な事業主体が地域金融機関等と連携して行う自然エネルギー発電事業(太陽光発電、小水力発電など)に対して、収益納付を条件に補助するもの。ソフト事業(調査、計画作成、設計など)とハード事業(発電設備導入)について支援する。

【参考】
長野県 – 平成28年度自然エネルギー地域発電推進事業の募集
長野県 – 平成28年度地域主導型自然エネルギー創出支援事業の補助対象事業を募集

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *